プロフィール

rice-mt.

Author:rice-mt.
●お越し下さいまして誠にありがとうございます。
empty203
↑サイトにて作品公開しております。

*はちみつパレット通信*
↑アートユニット「はちみつパレット」に参加してます。
こちらも宜しくお願いします~。

CS EMPRESS非公式WR
↑バナーデザイン等で参加させて頂いております。

pixiv_ID
↑pixiv、やってます。
二次関連はこちらで。

にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村 デザインブログへ

Twitter

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

2011/03/13 (Sun) 14:58
2011/03/11

大分更新遅くなってしまいました。すみません…。
今回の地震で亡くなられた方のご冥福と、被災された方のご無事をお祈り申し上げます。

私事を下記に。

地震の発生当時、母・兄・自分と水戸の偕楽園まで梅を観に行っておりました。

帰り道の守谷SA(下)で地震に遭いました。
建物内にいましたが、最初地震が起きたことに気づきませんでした。しかし、だんだん地震の揺れが大きくなっていき、避難のため外に出ました。駐車場に停められていた車や、SAに建てられていた高い塔がぐらぐらと揺れていました。

横浜の会社に勤務している父に電話をしようとしたところ、携帯電話がつながらなかったため公衆電話に並んだところ、やはり同じように携帯電話がつながらない方たちが2、3人並ばれておりました。その方々から伺ったお話によると、このSAは震度6弱だったそうです。
父に電話がつながり、無事を確認できましたが、数秒喋ったところで、なんらかの原因で切れてしまいました;

また、SA内も混乱しておりました。食堂に設置されたTVを皆様食い入るように見つめておられました。

その後高速道路が全線通行止めになり、1時間弱後(だったでしょうか)にSAを出発しました。
電車も全てが運行が停止しており、道路も本当にどの道も渋滞していました。夕方頃車の中から外を見ると、電車の運行停止に伴い歩いている方々がたくさんいらっしゃりました。

結局、家に到着をしたのは午前1時でした。
父が先に家に到着をしていたので、安心しました。自転車で会社に行っていたためなんとか帰ってこれたみたいです。
戻ったあとも余震がこちらまで続き、やはり不安になってしまいました…;

翌日12日は南関東での大きな地震が起きることを想定し、避難の準備をできる限り行いました。本当に、少々なのですが…。
現在大きな地震は起きておらず、普通に生活ができていますが何をして良いのか、何をするべきなのか未だわかりません。しかし、今普通に生活をすることこそが、一番大切なことなのかなと思っています。

偕楽園にて撮影した梅を以下に掲載します。もしこのエントリーを閲覧下さった方が、何かを思ってくだされば嬉しいです。

偕楽園の梅

偕楽園の梅2

偕楽園の梅3

偕楽園の梅4

偕楽園の梅5

偕楽園の梅6

偕楽園の梅7

偕楽園の梅8

偕楽園の梅9

偕楽園の梅10

偕楽園の梅11

偕楽園の梅12

常磐神社1

常磐神社2


スポンサーサイト

<< メメント・モリ | ホーム | 『オダサガ文化祭』出展のお知らせ >>

コメント

ご無事で何よりです。

>どこぞの下っ端様

ありがとうございます…!

わかってはいますが、なんだかまったく無事だったことに申し訳なさを感じつつ。

被災地の、今後の早急な復興が実現されることを祈るばかりです。

できるかぎりのコトを。。。

こんなにも美しい花や景色を愛でることができるのは
幸せなことだって改めて思うね。

水戸だとこちらより東北寄りで大変な揺れだったと思われるけど、
無事で本当によかったです。

より多くの人が助かるように、私達も頑張りたいね。
一生懸命考えましょう。

>シズマさん
わざわざこちらにコメントくださり…ありがとう(>_<)

地震の後にこの写真を見ると、平穏無事な日常がどれだけ大切かを考えさせられるよ…。

また、怪我もなかったこと、なんとか神奈川の方まで帰って来れたのは、運が良かったとしか言いようがありません。

うん、被災地に、被災者の方々に何ができるのか考えて生活していきたいね。
本当に微力なことだと思うけど、できる限り節電や募金という活動には参加しようと思います。

被災地の

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP